いつも読んでいただきありがとうございます。クンニを愛しクンニに愛された男。舐め犬ゆうすけです。

今回のお話はまさかの舐め犬大ピンチ編でございます。

今回お会いしたYさん、連絡の段階から自分は筋金入りのビッチである。ということを強調してくるつわものでした。

ビッチといってもセックスが好きなだけだろう…そう思っていた舐め犬でしたがそのあと地獄を見ることとなる…

そんなこんなですんなりとアポを取り実際にお会いしてみると想像とは違い清楚な見た目のYさん。

「いきなりホテルは怖いから!」というので近くのカフェへ。

お話を聞いていると「めちゃくちゃ性欲が強い」「フェラが死ぬほど好き」「清楚系ビッチ代表と言われている」「はじめてのフェラは小学生の時」

等々の武勇伝を聞かされる舐め犬。ほうほう、なかなかの手練れのようですな~しかし私のクンニ技に勝てるかな?などを思いホテルイン!

ホテルのエレベーターに乗るなりいきなりキスしてくるYさん!うぉ!先制攻撃か!?と驚くが部屋についてからさあ大変!

玄関で僕のベルトをカチャカチャし始めるYさんにさすがに戸惑う舐め犬。

なんとかこっちのペースに引き込もうとするもチンポを出されホテルインから1分で即尺開始!

しかもめちゃくちゃうめえ!なんだこれ!?腰が抜ける!!

あっという間にフルボッキ状態にされ「まずい…このままではイカされてしまう…」と思うほどの勢いだったので強引に止める舐め犬。

「なんでーなんでー」とチンポを鷲づかみにされるも「お、俺も舐めるのすきだから!」と宣戦布告!

お互いシャワーも浴びずに69で戦う流れになりました。

脱がせてみると既にびしょ濡れのYさん「とんでもない変態だな」と声に出してしまう舐め犬。

さっきのお返しにクンニ開始!「いやん!」と余裕の返事で向こうもフェラ開始!

ヤリチンとヤリマン、どっちが先にいかせるか!と勝手に戦いを始める舐め犬ですが向こうのフェラが本当にうまい!

完全に喉奥でシゴかれてて腰が抜けそうになりますがこちらも負けじと舐めまくります。

さすがに僕の舐め技が利いているのか余裕がなさそうなYさん、腰をクネらせ始めたのでこっちのペースに引き込むため指入れクンニ開始!

これが弱点なのかさっきとは違いガチで喘ぎ始めます。

向こうのフェラが止まった!勝機!!と指入れクンニ+アナル舐めも追加!めっちゃくちゃに舐めまくりビクつく膣内を指で圧迫すると…

「あ、イグ!」と一本!!いただきましたー!!

「お兄さんめちゃくちゃうまい…やばい」と舐め犬に無条件降伏、男のプライドが勝った瞬間でした。

そのあとはベッドでくつろぐ舐め犬のチンポを優しく舐めてもらい(これもウマイ)勝利の余韻に浸っていましたが突如として豹変、乳首をコリコリされながらすさまじいフェラを繰り出され無残にもイカされてしまいました。

「ンフフ~」と当然のようにゴックン、いやぁすごい女性だ。

というわけで今回は男の威厳をかけた69バトル編でした、オワリ