どうもこんにちは、クンニを愛しクンニに愛された男。舐め犬ゆうすけです。

今回はいつもふざけた私が心底丁寧にクンニしたお話です。

どういう事かと言いますと今回の依頼者さんは処女の方でした。

異性と性行為をしたことが無いという〇さん、なかなか機会に恵まれないのでお願いしますという事でした。

この僕を選ぶとはお目が高い!永劫とも思える時間クンニしますぞ!!!と張り切っておりましたが、ここでハプニング

〇さん、初めてのクンニ、というか男に愛撫されるのに慣れてなさ過ぎてくすぐってしまい「あーー!ダメダメタンマ!!」と続けさせてくれない。

敏感なのは良いことですが、快感をくすぐったさに感じてしまってるみたいなんですね。

スタートしてからクンニどころか軽いボディタッチでも跳ねて逃げてしまうので舐め犬困ってしまってワンワワン

さてどうしたもんかと悩み、〇さんに「ガンガンいってよかですか!?」と提案、そう逃げられないように拘束です。

最初は戸惑っていた〇さんですが、さすがに覚悟を決めてくれたみたいで拘束プレイを承諾!

ホテルにあった手枷足枷をセット!!さぁ…クンニ地獄の始まりや…とほくそ笑む舐め犬。

そして今までのうっ憤を晴らすかのような怒涛のクンニ攻め!!

絶叫する〇さん!「あーー!!ダメダメダメ!!」と逃げようとしますが僕のクンニからは絶対に逃れられない!!!

勿論ぼくも経験豊富なのでほんとにダメなときはやめますがこれはまだまだイケるな。と休まずクンニ。

「少しだけ耐えられたら永遠に耐えられるよ」という意味不明な励ましをしつつ超クンニ

すると〇さんが「あーー!イキそう!!!」と絶叫!来た!勝機!!!追い打ちクンニ!!

「イクイクイクー!」と絶叫して腰が跳ねる〇さん!さすがに顎を砕かれそうになったので逃げる舐め犬。

結果、強引ですが処女をクンニでイカすことに成功、イッた後は何故かどこを触ってもイク状態になりました(笑)

プレイ終了後「死ぬかと思った」というシンプルな感想をいただき今回のプレイは終了となります。

今回の教訓は言った女のマンコでアッパーされることがあるので気を付けよう!でした!!