どうもこんにちは、クンニリングスの天才、舐め犬ゆうすけです。

今回は私の成長を感じたプレイのお話です。

今回お会いした女性は特にクンニが好き!といった訳ではなく、純粋に快感を求めて連絡してくださったKさん。

クンニは女性によっては嫌がる方も居るので(クンニ好きだったらいいなぁ…)などと思いながらお会いすることに。

実際お会いしてプレイする前にお話で探ってみるとクンニには抵抗がなく、むしろ好きだという事が判明(!)

俄然ヤル気が湧いてきた舐め犬、さっそくプレイ開始です。

全身リップを初め徐々に下半身に近づく舐め犬、そしていよいよ秘境に到達じゃ~~~!!

うおお!俺はヴァギナの炭鉱夫!見てろ!!ハイホー!ハイホー!エローいの好きーー!!

膣をザックザック!!まるでピッケルのように舌を使いヴァギナを掘り進めていくと…

濡れる!濡れる!音が変わってきました、Kさんはダメダメ!と繰り返すばかり!

ここからイッキにイクぜ~~!とクリまで大きく吸い付きスパートかけてスーパークンニ開始!!

「やめて!出ちゃう出ちゃう!」とKさん、おっこれは…と更に勢いを増すと出たーーーーー!!

ドスケベ間欠泉じゃーーー!!!!そう、潮吹きです。

大抵の男はここで怯みクンニを中断しますが私はクンニリングスの天才、そのままプレイを続行。

そこから2、3回小刻みに潮を吹かせて終了しました。

Kさんからは割とマジで謝られましたが僕は全然かまいません、だって舐め犬だから。

というわけで今回は潮にビビるな舐め続けろ!という内容の記事でした。おわり