セックスの最中何も言葉を発さず無言ではありませんか?

セックス前にはぺちゃくちゃとお喋りしているのにプレイに入った途端に口下手になる男性は女性から見てあまりセックスに慣れていないと思われる可能性があります。

せっかく盛り上がった興奮を下げないためにも男性はセックス中、言葉責めを駆使して言葉でも女性を愛撫するように努めていきましょう。

とは言ったものの男性の一方的な言葉責めは逆に女性を白けさせてしまう可能性もあります。言葉責めをする時には常に「言葉責めはコミュニケーションだと心得る」精神を忘れないようにしておいて下さい。

この記事では言葉責めをするために必要な事や基本パターン、具体例、失敗談について書いています。

言葉責め(淫語)に必要な事

言葉責めは諸刃の刃です。セックスを盛り上げる事もできれば一気に冷めてしまうこともあります。上手く言葉責めをするために必要な事は二つあります。

言葉責め必要な事
  • 観察
  • 相手の許容度

観察

言葉責めだけではなくセックス全般においてとても大切な事ですが、相手を正確に観察する必要があります。

最も観察すべきなのは相手の興奮具合です。初めてセックスする相手ではどれくらい興奮しているのかを正確に読み取るのはとても難しいのですが、相手の欲しいところにボールを投げるイメージを持ってセックスに取り組むと上手くなっていきます。

イメージは、男性が投げたいところにボールを投げるというよりも女性が投げて欲しいところにボールを投げていく感じです。場数を踏んで試行錯誤し少しでも上手くボールを投げれるようになるように努めましょう。

相手の許容度

言葉責めにもソフトなものからハードなものまであります。

いやらしいね(ライト)~メス豚(ヘビー)

相手の女性がどの程度の強さの言葉責めが好きなのかによって使うレベルを調整しましょう。

相手の許容度を図るのには、しっかりとコミュニケーションを取り相手の嗜好を探る必要があります。特に相手がどれくらいMっ気があるかをセックスの前もしくはセックスの前半で把握するようにしていきましょう。

相手の許容度を把握しておくことによって使ってはいけない言葉を把握しておくことができます。許容度と関係なく使わない方が良いのが、女体を侮辱することと男性器自慢です。

男性器自慢はわかりやすいですが、女体侮辱は分かりにくいと思うので一例を列挙しておきます。

女体侮辱

まんこが黒い/ガバマン/まんこがゆるい/乳首が黒い/あそこが臭い/乳輪がでかい/汚い

言葉責めはSMプレイのイメージが強いので、いたぶれば良いと考える男性がいるようですが褒めながら言葉で責めるという風に考えて下さい。私は可愛いを頻繁に使います。

言葉責め(淫語)の基本パターン

あまり言葉責めをしたことがない男性は恥ずかしいという気持ちが勝り無口になってしまう方が多いようですが、男女が裸で絡み合う非日常の空間なので恥じらいは捨ててしまいましょう。パンツを脱いで足を大きく開いた女性の方がよっぽど恥ずかしい格好をしていますよ。それに比べたら恥ずかしさはないはずです。

言葉責めパターン
  1. 報告
  2. 命令~報告
  3. 命令~報告~誘導
  4. 想像
  5. ののしり・侮辱

ここで紹介する報告、命令、誘導、想像、ののしり・侮辱は今回説明するために分類してみただけで言葉責めで一般的な表現かどうかはわかりません。

※言葉責めをする際なぜか標準語になる方が多くいますが、普段使っている言葉遣いをする方が好ましいです。私は関西弁を話しますが、この記事では標準語で説明していきます。

1.報告

報告は、相手の状況(ポーズ、体の部位、感情等)を説明する事を指します。相手の羞恥心を煽ったり感情を誘導したりするために使用します。

具体例:報告

(足を大きく広げM字開脚している女性に対して)こんな格好をして、綺麗なおまんこ丸見えだよ。(ポーズ)

可愛い乳首がビンビンに勃起しているよ。(体の部位)

もう欲しくてたまらないね。(感情)

女性の許容範囲がわからない状態なら、まずは報告のみから始めてみて下さい。報告を受けて女性の興奮が増すようであれば2.命令~報告か誘導への流れを試してみて下さい。

2.命令~報告

命令は言葉通りなのでわかりやすいですね、こちらから命令を与えて報告という流れを作るために使用します。命令は強弱によって女性に与える印象が大きく違います。女性の許容範囲がわからない場合は弱い命令から始めて下さい。

具体例:命令~報告

四つん這いになってみてようか(弱い命令)~お尻の穴もマンコも丸見えだよ(報告:ポーズ)

両手を挙げて枕の下にいれろ(強い命令)~乳首がビンビンに勃起してるぞ(報告:体の部位)~こんな恰好にされたら早く触って欲しくなってくるな(報告:感情)

3.命令~報告~誘導

誘導は女性に何かをさせたり、何かを言わせるように誘導するという意味です。誘導をすると「嫌・恥ずかしい」等と言われることがありますが、本当に嫌なのか、そうでないのかを観察する必要があります。

具体例:命令~報告~誘導

脚広げてみようか(弱い命令)~ピンクのいやらしいあそこ丸見えだよ(報告:体の部位)~どんな風にオナニーするのか見せて(誘導)

(四つん這いで)もっと尻上にあげろ(強い命令)~早く挿れて欲しくていやらしい汁が糸ひいてるぞ(報告)~早く挿れて下さいって言ってごらん(誘導)

4.想像

これからする事を想像させる言葉責めもあります。これから起きる事を期待させて焦らすために使う場合が多いです。

具体例:想像

(四つん這いで)お尻叩くよ、どっち叩かれるかな?こっちかな?(左を触りながら)こっちかな?(右を触りながら)※スパンキングが好きな女性相手で

(ペニスを擦りつけながら)おちんちんが〇〇の中に入るよ、入ったら気持ちよさそうだね、今入り口にあるよ。入るよ、もうすぐ入るよ。

5.ののしり・侮辱

M度が強めな女性に対してのみ使うようにして下さい。ソフトな言葉責めが好きなタイプには適していません。私はあまり使わないのでこちらのみよく使われる単語を列挙するのみにとどめておきます。※使わない方が良いと書いた女体侮辱もM度が強い女性には効果がある場合もあります。

具体例:ののしり・侮辱

メス豚、肉便器、穴、女体侮辱、生意気、変態、恥ずかしい女だな、犯すぞ

ののしり・侮辱は上記のような言葉を強い口調で相手に言います。

言葉責めの基本パターンを考えてみたのでぜひセックス中にアレンジして使ってみて下さい。

体の部位別言葉責め(淫語)例

体の部位別に女性を不快にさせず好感度が高いお決まりパターンが言葉責めセックス (ベスト新書) で紹介されていましたので抜粋しています。

おっぱい

柔らかい、すごいな、エロ過ぎるほどでかい、こうやって揉むとエロい形になるんだな、指のあとがついたぞ、指に吸いついてくるよ、淫らな形に歪んでるぞ

乳輪

ブツブツが荒くなってきたよ、こうやってなぞると気持ちいいだろ?、興奮すると色が濃くなるんだな、全体がブックリふくらんできたぞ、子供みたいに小さいんだな

乳首

何でこんなに激しく勃起してるんだ?、指で転がすとこんなにエロく表情が変わるんだな、舌先にコリコリあたるぞ、こうやって吸うと口の中で伸びるよ、乳の味がするな、エロい歯ざわりだ

陰毛

薄いなぁワレメが丸見えじゃないか、意外に毛深いんだなエロい証拠だぞ、何でこんなスケベな形に生えてるんだ?、毛足が長いんじゃないか?、こうやって引っ張られると感じるんだろ

大陰唇

ぜんぜん毛が生えてないんだな、綺麗だよ、ぷっくりしててエロいじゃないか、こんなところまでミッシリと毛が生えてるんだな、短い毛がいっぱいじゃないか、毛穴がふくらんでるじゃないか、毛根まで見えるよ

クリトリス

こんなに勃起させちゃって、パンパンになってるぞ、皮が剥けるほど勃ってるのか?、小っちゃいんだなだから敏感なんだ、ピンク色にぬめってるぞ、ヌラヌラとテカってるじゃないか、スケベな味がするな、ほら皮被せてやったよ

小陰唇

エロい形だなあ、肉厚でぱっくり開いている、中はピンクだよ、ほらこことここ厚さが違うぞ、標本にしたいくらい綺麗だよ、子供みたいに未発達なんだな、このよじれがエロいんだよな、大人の色をしてるよ、中央発育型なんだな

丸見えだよ、エロい肉の中にぽっかり穴があいてるよ、処女膜の残骸がまだあるようだな、締まってるよ、キツくていたいくらいだ、中は天井がザラザラしてるんだな、中のヒダが指に絡みついてくるよ、指3本はいけそうだな

アナル

こんな恥ずかしいところ見せちゃって、自分でもまともに見たことないんだろ?、皺の数かぞえてやろうか?、こんなところにホクロがあるのか?今にも匂いたってきそうだ、舐めて欲しいって言ってるようだ

使えそうだな!!と思われたらぜひ言葉責めセックス (ベスト新書) を読んでみて下さい。

私の言葉責め失敗談

元々言葉責めについて書いてみようと思ったのは、私自身言葉責めについて苦手意識があったからです。私の失敗談を通して言葉責めで失敗せぬよう注意して下さい。

失敗談

この時お相手した女性は、強めのM女性でした。

  • 緊縛されたい
  • おもちゃで徹底的にいじめられたい
  • 痛みを与えて欲しい

ご要望通りに目隠しプレイしながら縄で動けない状態にしてバイブを挿入してひたすら逃げられない快楽責めをしていました。この時には上手くやれていたと思います。

バイブを抜いてペニバンを挿入し疑似セックスを楽しんでもらっていたのですが、ここで私が「中で出すぞ」と言葉責めの一環で伝えたのですが「やめて」と相手が叫んだのです。その瞬間相手が現実に戻っていく様子が見て取れました。

おそらくペニバンだということを相手がはっきりと認識していなかったのが原因だったんだと思われます。完全なミスでした。

同じ状況でも「中で出すぞ」という言葉に対して「中で出して~」とノリノリで返して来た女性もいるので、状況によっては使える言葉責めではあります。言葉責めはキャッチボールのようなものなので、相手をしっかりと観察して適切なボールを投げれるようにしましょう。自戒を込めて

まとめ

言葉責めについて私が考えるやり方を書いてきましたが、ここで書いたことはあくまで広く使えるだろう事柄を書いたまでです。

実際は相手をしっかりと観察して上手く女性を興奮させる、興奮を維持するように適切に言葉と状況を選んで楽しくセックスをして下さい。